その日暮らしの大学生

北海道生まれ、北海道育ち。日々色々なことに興味を持ち、色々なことに手を出す。なので一つのことに集中できないというのが短所。

塾に通うより家庭教師の方が成績は伸びるかも!?

先日、家庭教師(個人契約)を5年ほどやってるMさんと、食事をする機会がありました。

塾講師と家庭教師の対談です(笑)

 

まずは個人契約ってなに?ってところから。

個人契約:ご家庭と先生の間に業者を挟まず、先生とご家庭が直接契約を結び指導を行うこと。

よくお店にある広告で「家庭教師の○○!!成績をあげます!」というのは個人契約ではなく、間に業者が入っていることになります。

 

個人契約

宿題をやってくる生徒=成績UP ではない!?

f:id:suga0311:20161024230103j:plain

私「宿題やってこない生徒に最近困ってて・・・」

M「菅原先生の場合、結構宿題やるかやらないかに厳しいよね」

私「やっぱり成績伸びる人は宿題をやっている人が多いですし」

M「あーそれあんまり関係ないかもよ」

私「え?なぜ?」

M「宿題というより家で勉強させるのが目的なんでしょ?ただ宿題やったら終了って子もいる。」

 

あぁ、確かにその場合は成績は伸びない。

宿題がすべてではないのだな、とまた一つ学びました。

 

優しいスパルタが成績を伸ばす?!

f:id:suga0311:20161024230324j:plain

私「では具体的にどうすれば?」

M「まあこれは俺の一つのやり方なんだけど、俺は基本的に怒ったり叱ったりはしない。その代わり厳しいミッションを課すけどね」

私「厳しいミッション?」

M「例えば100個なら100個を無理やり短時間で覚えさせたり、生徒何人か集めて俺の家で泊まりがけで朝まで勉強したりとか。」

私「合宿みたいですね」

M「保護者に許可とってるし、2人きりでやるわけではないからね。」

私「それで成績の方は?」

M「あぁ、伸びてるよ。この前なんて、偏差値40の子を55くらいに伸ばしたし。偏差値が50以下の子は圧倒的に勉強時間が足りない。基礎が分かってないんだ。宿題をやってこないなら、先生が見ている場でやらせればいい。それだけの話」

 

緩急をつけることが大事

f:id:suga0311:20161024230157j:plain

私「強引ですね、でも楽しそうです」

M「これ、緩急が大切なのよ。やるときはやる。ご飯食べるときはみんなでワイワイ。俺も手料理なんか作ってさ。だからこそやる気が出るし」

 

確かに中学生時代の私も、塾で友達と勉強し、お腹が減ったらパンをみんなで買いに行く。そんな日々が楽しかったのを思い出しました。

 

個人契約だからこそできること

これらの事は、個人契約だからできるわけで、間に業者が入るとそう簡単にはいきません。

 

ただ、個人契約といっても、優秀な先生かどうかなんて分からないし、デメリットも多々あります。

このように、メリット、デメリット両方を参考にして慎重に考えていかなければいけません。

 

そのメリット、デメリットを後ほど詳しく解説いたしますので、乞うご期待ください。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする