読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日暮らしの大学生

北海道生まれ、北海道育ち。日々色々なことに興味を持ち、色々なことに手を出す。なので一つのことに集中できないというのが短所。

『お客様は神様ではない』と本当に最近よく思う。

f:id:suga0311:20161006002143j:plain

「お客様は神様だ。」

よく聞くワードですね。

 

でもこれって間違ってると私は思うのです。私だけ思っているのかもしれませんが。

しかも最近、より一層その思いが強くなってきたのです。

 

「より高品質なものを提供するのを求めるのであれば、お店側も色々求めてもいい」って思うんですよね。

 

 

様々な業界でのお客様

バスの運転手にキレる乗客。

f:id:suga0311:20161006002223j:plain

生きているうちに必ず遭遇するであろう

「降車ボタンいつ押すか問題」です。

 

この前バスに乗っていると、停留所の直前で降車ボタンが押されました。

バスは急ブレーキをかけたものの、バス停を少しオーバーして停車。

 

停車後、運転手さんが「お客さん!勘弁してくださいよ!」と怒る。

そして乗客が「いつ押しても止まる準備しとけよ!急ブレーキかけやがって!!」と逆ギレ。

 

いや、そりゃ無理あるだろ!!!

 

お客様の方も自分勝手では、安全な運航も出来ないな~と思った出来事でした。

 

叱るなという保護者。

f:id:suga0311:20161006002307j:plain

教育関係に携わる方は一度は経験したことのある悩みに、

「保護者との関係」がありますね。

 

私もたまに面談をするのですが、これが本当に頭を悩ます。

 

一番困るのが・・・

 

「塾行けば成績伸びるでしょ??あと楽しく通わせたいから、あんまり叱ったりしないで欲しいなぁ~」

っていうスタンスの保護者の方。

 

ここで声を大にして言わせていただきます。

『叱らないこと=楽しさ』ではないです!!

『塾=絶対に成績が伸びる』わけではないです!!

 

確かに塾は成績を伸ばすためにあるわけですが、保護者の方も生徒と一緒に戦ってほしいです。

そんな考えを持っているのであれば、生徒がかわいそうです。

塾、そして保護者が生徒の勉強のサポートをすることができて初めて、成績が上がるのです。

 

まあ、不適切な言葉を使ったり、手をあげたりするような狂った先生もいるのは事実ですがね・・・

 

お客様自身の意識を変えること

単なる批判記事に見えるかもしれないですが、当たり前のように私自身もお客様になります。

 

その時に、上記のようなお客様にはなりたくない。そして、自分の身近にいる人が、そういう人になって欲しくない。という思いから、記事を書きました。

 

今や消費者が保護される時代となっていますが、提供する側も人間です。

相互に良い思いをして取引をしたいじゃないですか。

 

商品を提供する側、消費する側が相互に感謝の気持ち、目を見て心から「ありがとう」の気持ちを伝えるべきです。

 

 

f:id:suga0311:20161006002404j:plain

ハンバーガーだって何気なく食べているけど、自分ひとりの力でレタスを栽培し、豚を飼い、小麦を育てることなんて不可能に近いわけで・・・

ハンバーガーを食べれることが、こんなにも有り難いことなんだと心から思いたい。

 

 

広告を非表示にする