読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日暮らしの大学生

北海道生まれ、北海道育ち。日々色々なことに興味を持ち、色々なことに手を出す。なので一つのことに集中できないというのが短所。

中3道コンの傾向やポイントを採点者が解説します!!

4月3日に、北海道学力コンクール道コン)の試験が行われました。

 

この記事、道コンを受けた中学生に読んでいただきたいです。

しかし、受けていない人や道外にお住まいの方はあまり内容が分からないと思うので、右上の×をクリックしていただいて構いません。

f:id:suga0311:20160403214622j:plain

私はその試験の監督、採点をしました。すると、結構みんな同じ場所で同じ間違いをしていたり、一つの特徴が見えてきたので、教科別にまとめようと思います。

 

国語

記述問題で多くの間違い。

何字以内だったか、どこの問題かは忘れましたが、一人も正解していなかった記述問題がありました。採点はキーワードが欠けていると減点するような方式です。

「男らしく思った」「えらい」このどちらかが欠けていれば1点減。などで点数を取られている人が多くいました。

 

時間が足りていない。

記述問題に時間をとられて、大門4を急いで解いたという人も多いのではないでしょうか。文章をどれだけ早い時間で取り込むか、がこれからカギになってくることでしょう。高得点を目指す人以外は、記述問題は一旦飛ばして解答してもいいかな~という印象を受けました。

 

数学

証明問題で苦戦。

完璧に解こうと思っているのか、模範解答よりもはるかに長文で証明問題を書く人がいました。見た感じ「お?良い感じじゃね?」と思うのですが、最後の角が間違えていたり、「平行四辺形の対辺は等しいので・・・」という言葉が抜けていたり・・・と減点されていきました。

証明問題をすべて完璧に解けた人はいなかったように思います。みんな1点や2点くらいの中間点で終わっていました。

 

時間が足りていない。

多分数学が一番時間が足りなかった、と感じた人も多いのではと思います。

 

あれだけ時間をかけたのに、1点や2点しかとれない。それで他の問題が解けなくなるのでは、証明問題は飛ばして解いてもいいと思います。

 

連立方程式の正誤で勝負が分かれる。

大門3くらいに連立方程式の問題がありました。その問題、半数以上の人が正解していたように思えます。間違えてしまった人は、すべて空欄か、式で惜しい間違えをしていたりしていました。

 

このような問題は落とさないようにしたいです。角度の問題など、出来ない問題はみんな似たり寄ったりです。特に数学は配点が高いので、できる問題を落とさないようにしましょう。

 

英語

並べ替えができていない。

主語+動詞の順番までは合っていても、そのあとが間違えていました。

SVOCだったっけな、SVOOだったかは忘れましたが、ごちゃ混ぜに書いていたりする人が多く見られました。並べ替えができない人は、文法がしっかり定着していない可能性があるので、今一度文法を確認しましょう。

 

記述問題で多くのミス。

Shall we~?だったり使う表現はあっているのに、その後の文で前置詞が抜けていたり、意味が分からない文章になっていたりしていました。

 

英作文の練習をすることで、このような間違いは減ります。英作文の練習をしましょう。

 

総合的に見て。

表現力をもっと鍛えよう。

そんな表現力が豊かではない私が言うのも説得力がありませんが、せめて意味の通る文章を書きましょう。キーワードはしっかり入っているのに、意味が通じない日本語になっている子が結構いました。これは英語でも数学でもそうです。

 

ただ、これは決して学力が低いからというわけではないです。とても成績優秀で、しっかり意味は理解できているのに、自分の言葉として解答欄に書けない子も多くいます。

 

だからといって生まれつきできる人もいないので、日頃から思ったこと、感じたことを文章にする癖をつけて、記述問題に強くなりましょう。

 

広告を非表示にする