読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日暮らしの大学生

北海道生まれ、北海道育ち。日々色々なことに興味を持ち、色々なことに手を出す。なので一つのことに集中できないというのが短所。

【「普通の人」が会社を辞めずに収入を得る時代】から学ぶブログの重要性

 

toyokeizai.net

東洋経済ONLINEの記事でこんなのをみつけました。

 

「カネは会社から支給されるもの」という考えをするのはとても危険で、どのようにしてその状態を脱却し「稼ぎ脳」になるのか、という内容です。

 

この記事を読んでいて、ある共通点が見えてきました。

 

 

 

共通点

「ブログ」という2文字

 

井上雅史さん(39歳・仮名)は、パソコンやスマートフォンのアプリなど、いわゆる「ガジェット」の情報を集めるのが大好きな会社員。お気に入りのガジェットを見つけてはブログで公開していた。するとある日、とある雑誌社から「取材したい」という連絡が……。井上さんのブログにはいつしか愛読者が増えていた。人気ブロガーになる日も近いだろう。

 

記事の一部です。

 

ワイン商社に勤務していた佐藤真奈美さん(33歳・仮名)。ワイン好きが高じてワインソムリエの資格を取得し、ブログで情報を発信し始めた。ワイン好きが集まる食事会や自分の持っているワインの知識をもとに、ミニセミナーも開催。いつしかワイン専門誌から連載コラムのライターの仕事を引き受けるまでになっていた。それから2年が経ち、現在はフリーのワインアドバイザーとして活動。月の収入も30万円を超えるようになってきている。

 

もう分かりましたか?

稼いでいる人は、ブログをしているのです。稼げなくとも、ブログで発信をすることにより何らかの出来事が起こっています。

 

f:id:suga0311:20160223141943j:plain

同様に記事中に掲載されている女性のブログはこちら。

 

読者数は700人(2016年2月22日現在)

私のブログのおよそ7倍です。

ただ、誤解しないで頂きたいのは、ブログをしたからと言って必ずしも稼げるわけではありません。

自分をレアカード化する。

suga0311.hatenablog.jp

こちらの記事にも書いてある「自分をレアカード化」する重要性。

他の人が体験したことが無いようなことを自分がして、それを発信する。それだけで、「面白いな」と人が寄ってきます。

 

例えば私の場合、塾講師や大学生での出来事を発信しています。しかし塾講師でブログをしている人なんて他にもいますし、大学生のブロガーなんて沢山いて全くレアになっていないので、何かを始めようか、今していることを極めようかと悩み中です。

 

www.yamamototetsu.com

こちらは面白ハンターさん。【大学生が今すぐブログを始めるべき3つの理由】と題しています。時間がある大学生もそうですが、時間がない社会人の方もブログをやることをオススメしたいです。毎日更新しなくても、日々インプットとアウトプットを繰り返していくことで、必ず自分に興味を持ってくれる人が現れます。

私はアウトプットをとても重要だと考えていて、その中でもブログは多くの人が見ることが出来るので効率的。なので、アウトプットの手段として私はブログをオススメします。

広告を非表示にする