読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日暮らしの大学生

北海道生まれ、北海道育ち。日々色々なことに興味を持ち、色々なことに手を出す。なので一つのことに集中できないというのが短所。

タクシードライバーの優しさをみんなに紹介しようと思う。

こんな記事を見かけまして、ついつい見入ってしまいました。

portal.nifty.com

ざっと紹介すると、筆者がiPhoneをなくしました。そしてそのiPhoneを探したところ、iPhoneが動いているようです。「もしかしてタクシーなのでは?」と思い出した筆者。だが、タクシー会社の名前は覚えておらず、iPhoneを乗せたタクシーを追いかけるという記事です。

 

タクシーに乗っての出来事、俺もあったな・・・と思い出しました。その出来事を紹介します。

f:id:suga0311:20160129223246j:plain

エピソード紹介、その前に・・・

どうでもいい話だとは思いますが、私はタクシードライバーが好きなのです。

そう、たまに土曜ワイド劇場でやっている「タクシードライバーの推理日誌」が私は大好き。

www.youtube.com

渡瀬恒彦さん、大好きなんですよ。かっこいいですよね。

 

さて本題のエピソード紹介といきたいところですが、 「タクシードライバーの推理日誌」のように美人が乗ってきてアリバイ工作をしたとか、殺されたとかの事件に巻き込まれたわけではないのですので、そういうのは期待しないで下さい。

 

本題のエピソード紹介

青森に旅行に行った高2の夏。

私は一人旅に青森に行く途中、函館を立ち寄りました。青森行きのフェリーまで少々時間があったので、夜景を見ようと函館山へ。それはそれはキレイな夜景でしたよ。

 

そして函館では有名のあじさいというラーメン屋に行き、終電でフェリーターミナルに向かおうとしたのです。

www.ajisai.tv

 

事件が発生。

列車に乗り、しばらくすると・・・「次は、桔梗に止まります」とアナウンスが聞こえました。「はぁ~疲れたぁ~」って思いながらも、次の桔梗を発車したときです。

 

車内アナウンス「次は、大中山に止まります。」

・・・!?

?待てよ・・・

f:id:suga0311:20160129230849j:plain

乗り間違えちまった・・・

フェリーターミナルとはまったく逆の方向に乗ってしまったのです。

時刻は終電を過ぎている。そんな大中山駅に降りました。

大中山駅(JR北海道・函館本線・大中山駅)

こんな無人駅です。

 

さぁ、どうしようかと途方にくれ、タクシーを呼ぶことになりました。

 

タクシーを呼んで。

呼んだのは○○ハイヤーさん。

とてもじゃないけど、フェリーターミナルまで莫大なお金がかかりそうなので・・・

 

「すみません運転手さん、3000円で行けるところまで行ってください」と頼みました。

 

すると・・・タクシーが2800円でメーターを止めました。「ではここで」と降りようとすると

タクシードライバー「いやお客さん、フェリーターミナルまで乗っていきなよ。」とフェリーターミナルまで乗せていってくれたのです。

 

それはそれは頭を下げまくりました。

「お釣りいらないです」と3000円を出すと、「おお!ありがとう。これでジュースでも買うことにするよ」と会話をし、タクシーを降りました。

 

タクシードライバーは優しい。

街中歩いていると、運転の荒いタクシーがクラクションを鳴らしながら走っているのを見て「あぁ、タクシーは運転が荒いなぁ」と思ったりしますが、そのタクシードライバーはとても親切です。

 

春に北海道新幹線が開通する函館のタクシーには、100万ドルの夜景よりも輝かしい心を持った運転手がいたのでした。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする