その日暮らしの大学生

北海道生まれ、北海道育ち。日々色々なことに興味を持ち、色々なことに手を出す。なので一つのことに集中できないというのが短所。

プレゼンコンテストに参加しました。

先日、学会主催のプレゼンコンテストに参加してきました。

 

ブログの記事と共に、プレゼンというのはアウトプットです。

 

優勝者と私のプレゼン、そして他者のプレゼンを比較することが出来ました。

f:id:suga0311:20151229224121j:plain

プレゼンの内容

実はこれ、私のブログで発表していました。

suga0311.hatenablog.jp

しかもプレゼンをする前に。

 

ネタバレってやつです。

 

何故上士幌町ふるさと納税で成功したのか。そしてふるさと納税から地域を活性化させようという提案をしました。

 

私の課題。

私のプレゼンは、論理的な要素が薄かったかなと思います。

 

冒頭にふるさと納税の紹介をしたことで、私の提案がプレゼンの最後の方になってしまいました。

提案が最後になってしまったので、冒頭部分は「この人いつ本題に入るのだろう・・・」と思われたに違いありません。

 

その他は、練習不足でした。本来、原稿を見るものではありません。しかし、全て暗記はしていなかったために発表途中、原稿を見てしまいました。

 

 

優勝者の発表を聞いて。

発表が始まり、その方は第一声から優勝者の声をしていました。

 

「あぁ、この人優勝するな。」そう誰もが思ったのではないでしょうか。

 

冒頭部分で聴衆の心をつかみ、地域活性化の現状と課題を説明する。

そして最後に提案をするような流れでした。

 

発表を聞いて私は、その方の発表が論理的だったことに度肝を抜かれました。

質問する隙もないような完璧なプレゼンです。

 

「私は○○を提案します。」

「それは何故か」

 「例えば・・・」

「なので私は・・・」

と結論づけていました。

 

聴衆の心を掴むために大切なこと。

冒頭で心を掴め。

冒頭は意外に大事なポイントです。

発表が始まり30秒もあれば、聴衆は「面白そう」か「つまらなそう」を判断します。

 

その30秒が勝負です。

 

 

具体的にどうするのかというと・・・

 

タイトルでインパクトを与えたり、聴衆の興味を引くようなプレゼンをしましょう。

例えば・・・

www.youtube.com

スティーブジョブズのプレゼン。

 

7分の動画があっという間に感じられます。

 

スティーブジョブズのプレゼンは出来ないとしても、自分のプレゼント比較し、改善していくだけでも大きく変わると思います。

 

自信を持て。

全部で15人ほどの参加者でしたが、中には「分かりにくい」プレゼンの人もいました。

 

そんな人に共通することは、胸を張ってプレゼンをしていないことです。

 

「制限時間が・・・」や「上手くやらなければ・・・」と頭の中で思っていると、

自然に声の活気がなくなります。

 

一方、「分かりやすい」プレゼンをした人は、原稿を見ていません。聴衆の一人一人と目を合わせ、胸を張り、堂々とプレゼンをしていました。

 

「これでどうよ!」みたいな姿勢のほうがイイかも知れません。

f:id:suga0311:20151230155724j:plain

先輩に撮って貰った写真です。

背筋がピーンとしてるでしょう??

 

ブログとプレゼンは紙一重!

プレゼンが終わり、ふと思いました。

 

 

 

ブログとプレゼンって同じだな。と。

 

プレゼンが上手い人は、ブログも練習したら必ず上手くなると思います。

ブログが上手い人は、プレゼンや講演会も上手くなると思います。

 

つまり、ブログもプレゼンも、アウトプット力なのです。

アウトプット力とは、発信力です。

 

アウトプットに関しての記事はこちら。

suga0311.hatenablog.jp

 

Twitter,Facebookでも何でもいい。

日頃、発信することを心がけましょう。

 

本日の記事3選!

  • 大学生といっても、教授とあまり話す機会がないですね。しかし、話してみると意外にも面白いかもしれません。

www.yamamototetsu.com

 

  • こちらも大学生向け記事です。まだ1年生の私なので、これからどうキャンパスライフを送るのか、見つめ直すきっかけとなりました。

www.proof0309.com

 

  • 本当かどうかは不明ですが、もしもこれが本当だとしたら素晴らしいことです。やってみる価値は十分あると思います。

hatena.aaafrog.com

広告を非表示にする