読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その日暮らしの大学生

北海道生まれ、北海道育ち。日々色々なことに興味を持ち、色々なことに手を出す。なので一つのことに集中できないというのが短所。

インプットを、アウトプットに繋げるに必要な3つのステップ。

アウトプット、皆さんはしていますか?

 

インプットはしていても、アウトプットはしていない事が多いかも・・・

という方必見です。

 f:id:suga0311:20151225010618j:plain

アウトプットのやり方

そしてインプットをアウトプットに変える方法を考えました。

 

 先日、このような記事を見ました。

www.ituore.com

 

インプットとアウトプットをどのように捉えるか。これが話題となっています。

1.膨大なインプットを。

アウトプットをするには、相当なインプットが必要です。

 

情報であふれかえる今の社会、その膨大な情報の中から出来るだけ多くインプットするのです。

f:id:suga0311:20151225125622j:plain

 

しかし、興味のある分野だけではダメです。

勿論、興味のある分野を重点的にインプットしますが、

新聞のトップ記事は目を通すようにしましょう。

 

2.アウトプットへの転換。

私はインプットからアウトプットへの転換を、宝探しだと思っています。

f:id:suga0311:20151225125727j:plain

とても多い情報の中から、自分が宝と思うものを見つける。

 

 

 そしてその宝と向き合うことで、アウトプットへの準備が出来ます。

 

3.アウトプット(発信力)

アウトプットの準備が出来たら、その人なりのアウトプットの仕方を考えてみましょう。

 

例えば・・・

  • 家族と一緒にニュースを見て、思うことを話す。
  • 友達と「こんな面白い記事があってさ」と共有する。
  • 日記を書く。

などがあります。

 

私はこの中で、日記を書くことにしました。

今ではその日記がブログになりつつありますが、

その日に思ったこと、感じたこと、学んだこと、課題などを文章にします。

 

面白い人というのは、情報を発信しています。

どれを面白いと思うか、その中のどれを発信するか。が無意識に習慣付けられているのです。

 

 

アウトプットをすることのメリット。

  1. 忘れない。
  2. 面白い人と思われる。
  3. 発信力がつく。
忘れない。

 

やはり、インプットだけではダメです。

忘れてしまうからです。

 

口に出す、文章にする。これだけでも、自分の発信した情報というものは忘れにくいです。

 

面白い人と思われる。

発信をすることで「お、この人こんな視点から話しているのか!」等、

発見してくれる人が必ずいます。

 

例えば、私のブログの読者の方でも、固定化して毎回記事を読んでいただいてる方とかも知っています。

批判など恐れず、読者の方に向けて発信することを目標に毎日ブログを書いています。

 

発信力がつく。

発信することを続けていると「こう発信したらいいのか!」などと新しい発見があります。

 

毎日発信をすることで「私はこう思う」などと自己主張が出来るようになります。

 

本日の面白い記事3選。

  • 早稲田大学の学生が書いているブログです。まず、語彙力の操り方が読者の心を掴みます。今後益々読者が増える予感がするブログです。

aechanman.hatenablog.com

 

 

  • 時代の移り変わり。これに順応していくことが、投資やビジネスに大切なことです。

psoukonoseiri.hatenablog.com

 

  • 堀江さんの記事は私も目を付けました。本音で話すこと。相手がどう思うのか気にしてたら、成長の弊害になることでしょう。

businessdeawee.hatenablog.com

 

以上3点です。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする